成年後見のメリット

成年後見制度を利用することで、様々な問題の解決に役立ちます。身寄りの無い被相続人で遺産の行方を心配されている場合、親族間に紛争を抱えている場合、本人の財産を親族が勝手に使い込みをされてしまっている場合、少し複雑で難しい法的問題を抱えている場合、財産管理を信用できる人に任せたいと考えている、知的障害を抱えた親族がいる家庭での様々な対処が必要、そのようなケースに有効です。

成年後見人制度を利用することで、本人や家族の意思によって、信頼できる人を後見人、保佐人、補助人として選ぶことができる点がメリットです。また、判断能力が不十分な方の財産管理や、身上監護も可能になり、あるいは、不利益になるような契約を判断できないまま終結させてしまう危険が回避することができます。いずれ認知症等を発症して判断ができなくなると予想される場合でも、安心して将来任せることができます。

また、犯罪や悪徳商法からの被害から守ってもらうことができますし、後見人は、家庭裁判所に定期的に報告をする必要がありますので、財産や生活の状況報告を受け、ヒアリングをした際に問題が発覚すれば、家庭裁判所から後見人に指導や改善を求められることになります。不適切と判断されれば解任されることもありますので、定期的なチェック機能が働くことになります。